洋裁教室予約

クービック(Cubic)のサイトを利用した予約がご利用いただけます(会員・準会員専用)。

クービック予約システムから予約する

新着☆生徒さん作品

秋先取りのカーディガン

斐川町M・Oさん作品

水玉のフリース生地でシンプルなカーディガンを作られました!

秋先取りです!!

子供ワンピース

出雲市H・Kさん作品

2歳のお孫さんに綿のレース生地で可愛らしいワンピースを作られました。

2歳のお孫さんが二人おられいつも2着ずつ制作されます。可愛くて完成するのが私も完成するのが楽しみです!!

綿のジャケットとスカート

米子市H・Kさん作品

2メートルの綿のプリント生地でジャケットとスカートのセットアップを作られました!

スカートのデザインは残り布の用尺と相談しながらの制作でした!!

残布がほとんど残らない気持ちの良い裁断でした!

 

レースのジャケット

米子市Y・Kさん作品

レースのジャケットですが、実は使わなくなったテーブルクロス!!

袖と見頃はサテンの裏打ちがしてあります。

使わなくなったテーブルクロスが素敵な華やかなジャケットに変身!!

肩明きのボートネック衿

加茂町K・Tさん作品

肩に明きのあるボートネックのブラウスを作られました。

このデザイン3着目!!

気に入ると何枚も作られるTさん!

丁寧に作られました。

セットアップでワンピース風に・・

松江市T・Iさん作品

麻のプリント生地でお友達にセットアップを作ってあげられました。

スカートにインして着るとワンピース風になりますね!

寸法もぴったりで良くお似合いだったそうで喜んでおられました!

前タックブラウス

斐川町T・Eさん作品

可愛らしいポピー柄の綿の生地で前タックの台衿付きブラウスを作られました。

丁寧に仕上げられました。

Aラインワンピース

松江市S・Kさん作品

白いしわ加工の綿生地でAラインのワンピースを作られました。

後ろの裾が少し長くしてあります。

シームポケット付き。

オシャレ度の高いKさんは白の着こなしが上手です!!

前立て明きのブラウス

斐川町T・Tさん作品

薄手のチェックのウール生地で前立て明きのブラウスを作られました。

袖口は折り返しカフス。

84歳のTさん。

最近の楽しみは作った服を着て出かけ、友達に褒めてもらう事だそうです!!(^^♪

ジャンパースカート

松江市A・Yさん作品

秋物を早めに制作されました!

裏付きのジャンパースカート。

脇見頃ウエスト下に切り替えポケットがあり、後ろファスナー明きです。

細かいところまで丁寧に制作されました!

  • 2018年(平成30年)の作品集はこちらからご覧いただけます。
  • 2017年(平成29年)までの作品集はこちらからご覧いただけます。

お知らせ


Blog(新着)

アメリカからのお客様

アメリカから年一回夏休みに帰国されるMさんは帰国時限定で教室に来てくださいます。

今日は、明日アメリカに帰られるので家族で挨拶に来られ、短時間でしたが小4の娘と同じ年の娘さんと一緒にミシンを楽しみました。

初めてのミシンでしたが、上手に使われました。

スカートを作りかけて帰られましたが、アメリカで完成させるそうです!

洋裁教室を通じていろいろな方と知り合えいろいろな縁に感謝した日になりました。

夏休み子供教室

今日は夏休みなので小学3~5年の6人の子供たちとお母さんもちょっと手伝ってギャザースカート作りをしました。

初めて使うロックミシンも何度か練習をしたら使いこなせ、4時間で裁断から始めて完成しました。

みんな頑張りました!!

9/14に斐川原鹿旧豪農屋敷でファッションショーをすることになり、みんなにもこのスカートをはいて出演してもらいます!!

台風前の静けさ

今日の午後台風10号が島根県を直撃する予定ですが、

今は風もほとんどなく、不思議な感じです。

涼しく過ごしやすいので庭の芝のメンテナンスをしています。

教室の壁

今年に入ってから、教室の壁が少しづつ剥がれてきました。

この壁は構造用合板に漆喰塗料を塗ったもので、DIYで行っています。当初から厚めに塗ったことが気になっていましたが、ここに来て剥離が多発する事態になっています。

お盆休み中に応急手当をしたいと思っていますが、本格的に塗りなおすのには時間がかかりすぎるので、頃合いを見て補修を行いたいと思います。

 

お越しいただいている皆様には、お見苦しいところが気にかかるかもしれませんが、しばらくの間はご辛抱願います。

 

看板犬のシャンプー

今日はお天気も良かったので看板犬のサクラコちゃんを洗いました。

大きな犬でいけずですが、シャンプー中は嫌そうな顔をしながらでもじっとしています(笑)

 

染織作家さんの仕立て

松江を活動拠点にして全国展開しておられる染織作家さんの作品の仕立てをしました。

油抜きしない製法で手紡ぎされたオンリーワンの生地での制作は何度しても生地にハサミを入れるのが緊張します。

目の荒い生地ですが玉縁ホールをしています。

ほつれやすいので細心の注意が必要です。

ドルマンスリーブ、ウエスト切り替え、着ていないのような軽さと温かさ、かなりオシャレです!!!

綿の成長

5月に植えた綿がこんなに大きくなりました!

もう花の蕾も出来ており開花が楽しみです。

庭の松の剪定

今日は教室から見える日本庭園の松の剪定をしました。

今日は小さい松摘みさん(次女)もお手伝いしてくれました。

一本の松に半日掛かり、大変そうでしたが松の剪定は結構楽しいようです。

写真の質(カメラ購入しました)

作品集の写真を撮り始めて3年余り、最近は毎日のように生徒さんの作品をスマホで写真に撮っています。いろいろな作品が増えるにしたがって、生地の質やコントラストがうまく表現できていことも多くなり、残念な写真になってしまうことも少なくありませんでした。

 

そこで!皆さんの作品をもっとよく見てもらいたいために、きれいに撮れるという重た~いカメラを購入しました。現在は訓練中でが、近日中にデビューしたいと思っています。乞うご期待です。

教室へのこだわりpart4

(PT筆)

当教室では休憩時用にコーヒーが入れられるようになっています。数年まえまでは市販のコーヒー粉末を使っていました。その後、コーヒーミルを導入し豆を挽くようになり、昨年からは生豆を焙煎するようになりました。なんだか本格的なカフェのようなことをしていますが、コーヒーの豊潤な香りに酔いたいために、ここまでたどり着いた次第です。

ただし、私は特にこのような技術を持っているわけではありません。素人が見よう見まねでやっているもので、プロの方からみれば「なんやこれ?」というような状態かもしれません。でも、今のところ生徒さんから苦情がないようなので、マズくはないと解釈しています。おいしさというよりは、挽きたて入たてにこだわった結果なので、その部分を楽しんでもらうといいと思います。

 

現在お出ししているコーヒーは

ブラジル/プラナウト農園

タンザニアAA

ジャワロブ

の2種類+αを交互に焙煎しています。

左写真は上がロブスター豆、右が深入り、左が中深の状態のものです。ロブスタ豆はエスプレッソ用に少し入れています。ちなみに、これはオーブンで炒っておりムラが出るため、このように仕分けをして味を調整しています(結構手間です)。

 

そのため、毎回微妙に味が違います。その辺も楽しんでもらえるといいのかもしれません。