教室の概要(2019年10月改定)


☆当洋裁教室は会員制です。

 受講の際には当教室への入会をお願いしております。良質な設備や快適な環境を維持していくために、年会費をいただいております。なお、教室の規模を考慮して会員数は60名を上限とさせていただいております(現在は準会員、土曜会員を10名設定させていただいております)。 

 

☆受講は完全予約制です。

 確実な受講ができるよう、予約制を取り入れております。定員は5名です。

 

☆婦人服や子供服の縫製や型紙が対象となります。

 主に婦人服や子供服、小物などを作り上げることができる教室です。

 

レッスンスケジュール


コース 時間
午前の部 10:00~12:00 ×
午後の部 13:30~15:30 × × × ×
夜間の部 18:30~20:30 × × × × ×

☆定員は5名です。

☆各コースの前後30分はフリータイムとして、自由に教室、Caféコーナー等でお過ごしください。 
☆Caféコーナーは自由にご利用できます。セルフサービスです。

☆2019年11月1日から、●土曜日については準会員および土曜会員を優先的に予約を受け付けております。

レッスン料金(税込)


当洋裁教室は会員制です。受講の際には原則として入会が必要となります。

 

●正会員(定員60名)

年会費   5,000円

年会費に含まれるもの:ミシン等工房内の装備品の利用。教室内で使われる紙、芯地、伸び止めテープなど。ソーイングのコツなどの資料。教室内の型紙。Caféコーナーの利用。

 

レッスン料金

 ■2,000円/回

 多利用割引として、一ヶ月間(毎月1日基準)で4回目以降は1,000円/回にさせていただきます。

 多くの方にご利用いただくため、勝手ながら月6回を上限とさせていただきます。

 受講回数に応じたポイントサービスがあります。

 

その他、服工房で単発に企画するワークショップに関しては、その都度、料金を決めます。
ワークショップのみに参加する場合、年会費は不要です。

 

●お試し受講、ワンポイント受講

 どのような教室なのか?苦手なところをチョットだけ教えてほしい!など数回程度までのの受講を対象とした制度です。

 ■3000円/回(非入会者)

 会員の予約を優先させていただいておりますので、空きがある場合に限らせていただきます。予約等は問い合わせください。

 

●準会員、土曜会員(定員各10名)

 年会費はいただきません。

 準会員の方:平日は受講希望日の前日のみ予約可。土曜は3か月前から予約可。

 土曜会員の方:平日は予約不可。土曜は3か月前から予約可。

受講料は全て2000円です。

 

詳細はお問い合わせください。

洋裁教室Q&A


●教室ではどんなものが縫えるの?

 

  • レディース(ブラウス、カットソー、スカート、パンツ、ジャケット、コート)
  • 子供服全般
  • ウェディングドレスなどのドレス。
  • バッグ、小物。

 

 ※メンズは専門外ですが、本や市販の型紙から作ることはできます。

 

 

 

●教室ではどんなことをするの?

 

  • 原型作り
  • 型紙作成
  • サイズ展開
  • 裁断
  • 縫製
●これから始めたいのですが大丈夫ですか?
  • 洋服を作ったことがないというかたも、ミシンをほとんど使ったことがないかたも大歓迎です。
  • 最初は簡単なものから、じっくりと作ることを楽しんでください。

洋裁教室の内容


「原型作り」

  • 採寸をして、体型に合わせて上物と下物の原型作りをします。
  • 原型とは、洋服つくりの元となるもので、原型があれば、体型にあった自分だけの洋服がつくれます。
  • 体型にあった服ほど着心地の良い服はありません!

 

「型紙作成」

  • 型紙作成は、原型から雑誌の切り抜きや、デザイン画をもとに型紙を作成します。
  • 自分で型紙を引いてみたいという方には、型紙の引き方も指導します。
  • 型紙が完成したら、縫い代をつけて、型紙を切ります。

  ※市販の型紙を使こともできます。

  ※市販の型紙をうまく利用して、体にあわせて修正することもできます。

 

「サイズ展開」

  • MからLサイズに大きく、LからMに小さく
  • 子供110から140に大きく

  など、サイズ展開も指導します。

 

「裁断」

  • 布の裁断は、型紙通りに裁断をします。
  • 糸しつけやルレットでの、出来上がり印はしません。
  • 合印には、ノッチと言って3ミリほどの切り込みを入れます。
  • ダーツ先やポケット位置などは糸、またはチャコで印をつけます。(アイロンでの芯貼りは基本的に、生地を荒裁ちして芯貼り後裁断します。)

 

「縫製」

  • 型紙に縫い代をつけているので、型紙の縫い代通りに、ミシンのステッチ定規を布端にあわせて縫います。
  • 縫製工場にて縫製をしていたため、縫製工場の縫い方に近い縫いかたで、しつけはほとんどせず、必要な部分には待ち針でとめて縫います。
  • 縫い方もできるだけ分かりやすく、分からないところは丁寧に指導します。
  • ニットソーイングもできます。
  • 4本糸ロック、フラットロックミシンを用いて本格的なカットソーができます。

装備


工業用ミシン 6台

4本針ロックミシン 2台

3本針ロックミシン 2台

フラットロックミシン  1台

大型作業台 2台

バキュームアイロン 1台

スチームアイロン 1台

            

裁断ばさみ3丁